研究成果

代表論文

一部掲載

Kosaku Masuda, Tatsuya Yamada, Yuuya Kagawa, Hirokazu Fukuda.
Time Lag Between Light and Heat Diurnal Cycles Modulates CIRCADIAN CLOCK ASSOCIATION 1 Rhythm and Growth in Arabidopsis thaliana. Frontiers in Plant Science, 11:614360 (2021).
doi: 10.3389/fpls.2020.614360

植物成長における光と温度サイクルの最適な組み合わせを推定する数理モデルを開発しました。

Kosaku Masuda, Isao T. Tokuda, Norihito Nakamichi, Hirokazu Fukuda.
The singularity response reveals entrainment properties of the plant circadian clock. Nature Communications (2021) 12:864
doi.org/10.1038/s41467-021-21167-7

植物の体内時計において、生物リズムが失われた状態(シンギュラリティ)での応答が、体内時計の制御において重要な位相応答曲線を高効率に求めることに繋がることを、世界で初めて明らかにしました。 本発見により、包括的な位相応答曲線を迅速かつ効率的に求められるようになることから、様々な状況下における体内時計のふるまいや入力刺激に対する脆弱性(応答性)を解析することが可能になり、植物工場などにおける先端農業やバイオ工学などへの展開が期待されます。

Masuda, K., Kitaoka, R., Ukai, K., Tokuda, I. T., and Fukuda, H. 
Multicellularity enriches the entrainment of Arabidopsis circadian clock.
Science Advances 3:e1700808. doi: 10.1126/sciadv.1700808 (2017).

位相応答曲線(PRC)の細胞集団同期率依存性を明らかにしました。

Fukuda, H., Murase, H., and Tokuda, I.
Controlling circadian rhythms by dark-pulse perturbations in Arabidopsis thaliana.
Scientific Reports 3:1533. doi: 10.1038/srep01533 (2013)

植物体内時計の制御モデルを開発しました。

特許

掲載準備中

特許1

準備中

特許2

準備中

特許3

準備中